スコアリングをやってみる!

様々なニーズを持つ顧客の実態を把握する際に役立つ

スコアリングは、マーケティングオートメーションのシステムを社内に導入した後に、見込み客の評価をするために重要な作業の一つとして位置づけられています。スコアリングの方法はそれぞれの企業の業態や主に扱っているサービスの種類などにもよりますが、自社と顧客との相性を判断するうえで、早いうちに基本的な機能を使いこなすことが肝心です。たとえば、見込み客の行動や属性の評価の仕方については、スコアリングを効果的に行なうために重要なポイントとして捉えられています。また、スコアリングの精度の高めるうえで、定期的にマーケティングオートメーションのシステムに詳しい社員が作業を担当したり、必要な研修を受けたりすることが大切です。

メールの開封率やサイトの訪問数などもくまなくチェックしよう

マーケティングオートメーションを導入してからスムーズに固定客を獲得するには、様々な立場の顧客のメールの開封率や自社のサイトへの訪問数などを日ごろからくまなくチェックすることが大事です。また、短期間のうちに将来に繋がりそうな顧客を見極めるうえで、高性能のマーケティングオートメーションのシステムを開発することが不可欠です。自社内でスコアリングの展開を始めてから正しい評価ができるまでにはある程度の期間が掛かるため、将来を見据えて日ごろから営業部門や経理部門など複数の部門の担当者同士でコミュニケーションを図ることが重要です。その他、スコアリングの結果をもとに見込み客にアプローチをするにあたって、外部の専門家のサポートを受けるのも有効です。