メールマーケティングをしてみよう!

メールを活用した営業活動の効率化

メールマーケティングは、メール配信を用いることにより、購買に至る見込み客を自動的に掘り起こすことを目的とします。売上を向上するためには、成約に至る可能性がある見込み客を掘り起こすことが必要になります。架電や訪問販売による営業活動では、時間や労力のみが費やされ、効率的に成約へ結びつけることはできないのも実情でしょう。メールマーケティングを導入することにより、自社のブランドや商材に興味を持つ方をスムーズに探し出せるようになるのです。 送信形式には、多数のユーザーへの一斉送信だけではなく、ステップ形式でのメール送信も含まれます。メールに興味を持ったユーザーを詳細な説明が記載されているサイトへ誘導することができれば、リードナーチャリングを用いて、購買に興味を持たせることも可能です。成約率の高いユーザーを効率的に探せる点がメールマーケティングのメリットなのです。

顧客教育により成約率が高まります

マーケティングオートメーションが営業効率を向上できる理由には、見込み客を育むシステムがあります。リードナーチャリングと呼ばれる教育手法を導入することにより、興味を持ったユーザーを購買層に育てられるのです。興味を持ったユーザーに詳細な教育を施し、売上に結びつくリードとなってから営業担当が交渉を行っていく営業スタイルを可能にします。成約率の高いリードであるため、少ないクロージング回数で売上に結び付けられるのです。獲得したリードが成約性の高い顧客であるかを判断するためには、過去の事例を元にした判断も大切です。顧客管理システムと連携を行うなど、顧客の傾向を分析する仕組みを構築しておいたほうが良いでしょう。