マーケティングオートメーションでリード管理をする!

マーケティングオートメーションの機能とは

マーケティングオートメーションとは、インターネットなどで商品やサービスを購入してもらうために自動で行う様々なツールです。それにより、マーケティングの担当者の仕事が効率化できます。マーケティングオートメーションにはいくつかの機能が存在します。見込み顧客を獲得するための機能、見込み顧客の管理や分類する機能、見込み顧客を育てるための機能、データを分析する機能です。 見込み客獲得のためには、ランディングページを見やすくし商品やサービスの利点を伝えなければいけません。見込み客の管理や分類する機能では、多くの情報を一括で管理するリード管理や、購買につながる見込み客に点数をつけるスコアリングなどがあります。見込み客を育てる機能には、セグメントメールを送信する機能やシナリオの作成機能などがあります。データ分析の機能には、webでの行動解析などが見られます。

マーケティングオートメーションの見込み客管理する機能とは

マーケティングオートメーションでは、見込み客(リード)を管理する機能があります。例えば、顧客の会社名や個人名、住所、電話番号、メールアドレス、部署などといった個人情報や、企業サイト閲覧履歴、商品購入履歴、アンケート内容などマーケティングに必要な情報をひとまとめに管理することで、様々な販売戦略に役立てることができます。リード管理機能を利用することで、購買意欲につながるクーポンやサンプルなどを、より購入が見込めるところを割り出して配布することが可能です。リード管理の例としては、紙の名刺を自動でデータ化して管理をする「名刺の管理ツール」などがあります。これを使うことで顧客管理が簡単にでき、営業活動が効率的にできます。